渥美どろんこ村 小笠原農園
渥美どろんこ村 小笠原農園の公式サイトです。
農業体験学習 ファームステイ
 HOME > 農業体験学習
HOME
お問い合わせ
交通アクセス

小笠原農園

農業体験学習


■ただ今、以下のファームステイ、研修などを募集をしています。
 ・感じて考えるワークショップ
 ・20代のためのファームスティ
 ・社会人のための日帰り研修


▲このページの先頭に戻る


感じて考えるワークショップ

★現代社会でのわたしたちの食料は、大量生産・大量消費・大量廃棄が主流です。
スーパーの店先に並んだ野菜や肉の中には、生産者が表示されたものもありますが、それらが農場で生きていたことを想像することができるでしょうか?

★自分が食べているものが、どこかの場所で生きていたこと。それが育つ時間も必要だったこと。
それを育てた人がいること。肉であれば、それを殺した人がいること。そしてそれにともなう感情もあること。
そのことを知識としてだけでなく、どれだけ実感をともなって考えることができるのか?

★私たちは、他者の命を奪って生きています。
それなのに、他者と共存して生きていかなければなりません。
これが、食べるために野菜や米や豚を育てる農的暮らしの現場での思考の基準です。

今のあなたの思考の基準は何ですか?

★ 宿泊ワークショップ(1泊4食デザート付き)★
開催日 月2回開催(開催日はお問い合わせください)
※電話番号などお問い合わせ先はこちらをご覧ください。
集合解散 土曜日11:00〜日曜日13:00
場所 どろんこ村小笠原農園
定員 5名
内容 体験とディスカッション
(体験例)
豚のエサづくり、鶏の解体、豚や山羊・鶏の餌やり、卵拾い、山羊の乳搾り、食事つくり
参加費 15,000円
※出世払い制度を希望した場合は、参加費5,000円
※出世払い制度とは:参加費(実費分は除く)をどろんこ村から貸し付けを受け、その返済についてはワークショップで学んだことを将来社会に還元することとする。参加後のレポートの提出必要。

★日帰りワークショップ(昼食デザート付き)★
開催日 第2土・第1日・第2日(5月〜7月・9月〜12月)
集合解散 11:00〜16:00
場所 どろんこ村小笠原農園
定員 10名
内容 子どもたちのための「育てて食べる暮らしの学校」へ参加。子どもたちの体験にふれながら、自分たち自身も体験します。(月ごとに体験内容は変わります)
暮らしの学校終了後、ディスカッション。
参加費 4,000円(出世払い制度の適用はありません。)

▲このページの先頭に戻る


20代のためのファームスティ

「育てて食べる暮らしから考える循環と対等」
コース 実施期間 費用 定員
(1)ワークショップ 1泊2日(土・日) 15,000円
※出世払い制度を希望した場合は、5,000円
5名
(2)短期研修 1ヶ月〜 30,000円/月
※出世払い制度を希望した場合は、10,000円/月
2〜3名
(3)長期研修 1年間〜 30,000円/月(360,000円/年)
※出世払い制度を希望した場合は、無料
2〜3名
お問い合わせ、お申し込みは電話にてご連絡ください。
電話:0531-37-0996
※出世払い制度とは:費用(実費分は除く)をどろんこ村から貸し付けを受け、その返済はお金ではなく、実践や行動を通じて社会や未来へ返還するものとする。

▲このページの先頭に戻る


社会人のための日帰り研修

育てて食べる農の現場を学びます。
企業や団体などを通じて随時受け入れます。
費用 1人:3,000円〜5,000円
実施月 4月〜7月 11月〜12月
お問い合わせ、お申し込みは電話にてご連絡ください。
電話:0531-37-0996

▲このページの先頭に戻る
▲トップページに戻る
小笠原農園 ご利用規約 | プライバシーポリシー